So-net無料ブログ作成

【訃報】池田駿介氏(俳優、本名・紀生)(産経新聞)

 池田駿介氏(いけだ・しゅんすけ=俳優、本名・紀生=のりお)11日死去、69歳。通夜は15日午後6時、葬儀・告別式は16日午前11時、川崎市多摩区登戸679の2、登戸やすらぎ会館で。喪主は妻、敏江(としえ)さん。

 主な出演作に、特撮テレビ番組「キカイダー01」の主人公イチロー役、「帰ってきたウルトラマン」の南猛隊員役など。

<河村市長>「増税せんで」菅内閣に注文(毎日新聞)
民主副幹事長、小沢氏側近の青木愛氏ら退任(読売新聞)
山下が勝ち2勝1敗=囲碁本因坊戦(時事通信)
菅首相 「ぶら下がり取材」 1日1回に削減を提案(毎日新聞)
蓮舫行政刷新相の秘書任意聴取=路上で女性の体触った疑い―警視庁(時事通信)

国交省幹部は「ああ、そうなんだ、という感じ」(産経新聞)

 「コンクリートから人へ」を掲げる民主党政権の“主戦場”として注目される国土交通省。2日午前、退陣を表明した鳩山由紀夫首相の様子がテレビに映し出されると、職員がテレビの音量を上げる場面もあったが、幹部の大半は冷静に事態を受け止めた。

 「ああ、そうなんだ、という感じ。既定路線で驚きはない」と話すのは道路局の幹部。高速道路の原則無料化をうたった政権公約に合わせ、前原誠司国交相は4月、道路局内の「有料道路課」を「高速道路課」に改称。独自色をアピールしたが、肝心の無料化実験区間は、通行量の少ない地方路線が中心。「普通車上限2千円」などとする新料金制度をめぐっては、発表後になって党や閣内から異論が噴出、政権の機能不全ぶりがあらわになった。

 内閣改造をにらみ、省内の各部局にはこの日午後、「新大臣」への引き継ぎメモ作成を指示するメールが回った。ただ、別の幹部は「仮に大臣が変わっても、民主党の基本方針は変わらないはず。仕事に影響はないと思うのだが…」と冷めた様子だった。

【関連記事】
菅副総理が代表選出馬へ 首相に伝えたもよう
次の首相は…「いません、残念ながら」 街の声@銀座
「説明足りぬ」「当然だ」 首相辞任で翻弄される民主の参院候補者
“小沢ガールズ”三宅議員は「だいぶ前に(小沢学校)卒業した」
文科省、首相辞任に「誰が大臣になっても変わらない」
「はやぶさ」帰還へ

ネット選挙、夏の参院選からの解禁で最終合意(産経新聞)
一審の裁判員判決を破棄=被害者女性との示談考慮―東京高裁(時事通信)
経営改革「病院の使命・役割の明確化を」(医療介護CBニュース)
自転車登録緩和が「官僚政策グランプリ」(産経新聞)
囲碁 本因坊戦第2局始まる 右上で新型出現(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。